1. TOP
  2. 東京都
  3. 東京23区大田区にするふるさと納税がお薦め

東京23区大田区にするふるさと納税がお薦め

 2016/11/21 東京都
この記事は約 9 分で読めます。 2,072 Views
ふるさと納税ポータルサイトおすすめ

・クレジット決済可能なので、手続きが楽、すぐに入金可能で、クレカのポイントがたまる!
・ふるさと納税特産品ランキングが一目でわかる
・マイページで寄付金が管理できるのでわかりやすい


ふるなび

ふるなびは株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、商品が多数。
人気の自治体も一目でわかるので、ふるさと納税初心者におすすめです




さとふる

株式会社さとふるが運営している郷古。実店舗やコールセンターでのサポートが魅力。
マイページ管理、クレジット決済完備で使いやすく、広く知られているサービス




ふるなびグルメポイント

ふるなび同様、株式会社アイモバイルが運営。
ポイント即日発行で、有効期限なし。 対象自治体は、三重県明和町のみです。

東京23区大田区のふるさと納税で言うと、2000円をオーバーする寄付をした場合、

 

本来かかる住民税の10%が所得税・住民税から還付、控除することができる制度なのです。

 

東京23区大田区にするふるさと納税制度でお得とされるのは、

 

納税者に関しての特典を有しているというのが主な理由でしょう。

 

東京23区大田区の特産品である、

 

肉に魚や、農作物、それに旅行券、そしてお菓子とか、乳製品などを含んだ中から

 

東京23区大田区の名産品や特産品がもらえて、用意されている特典の中で貰いたい名産品や特産品を納税者が選べます。

 

地方自治体に左右されて、ふるさと納税の還元の割合が70%を越すケースもあります。

 

好きな返礼品をいただきつつ税金控除すると良いですよ

 

寄付する先の地方公共団体に於いて各地良いところを活用した返礼品、あるいは特産品などが見受けられます。

 

エリア活性化とか文化芸術に活用するものがふるさと納税です。

 

ameringo7451_tp_v

あなた方自身が税金の利用先を決定して、東京23区大田区の活性化に貢献しませんか

東京23区大田区の名産品がほしい

 

東京23区大田区に貢献したい

 

東京23区大田区に興味があって、応援したい

 

と考える人にお薦めしたいと思います。

 

活気づいてきた東京23区大田区でのふるさと納税

 

既に申し込みしましたか?

 

毎年12月には大勢の駆け込み納税あります。

 

早めの内に東京23区大田区へのふるさと納税をした方が良いでしょう。

 

市町村に寄付実施するとお礼として豪華返礼品を送ってもらえます。

 

東京23区大田区というエリアのお肉やお米、野菜、そして旅行券など、

 

日ごろはお値段が高いため購入しない特産品をくれるのです。

 

東京23区大田区のふるさと納税制度は、実施していかないと損だと言えますよね。

 

東京23区大田区へのふるさと納税は、納税といった名前なんですが、

 

世間一般の納税とは異なり、義務じゃありません。

 

気楽に活用できるのが東京23区大田区へのふるさと納税だと思います。

 

ふるさと納税制度では

 

東京23区大田区を筆頭に 寄附した地方自治体から

 

特産品または返礼品、そして金券チケットというようなものがお礼という形式で贈られます。

 

freee151107218260_tp_v

 

東京23区大田区に対する郷土愛を育てながら、

 

東京23区大田区の地方自治体の活動資金になって地方自治体の活性化が可能なのです。

 

寄付することになった料金のほとんどは、住民税や所得税から控除される為に、

 

みなさんの全容的なお金の受け持ちは大体ゼロとなります。

 

東京23区大田区などの地方自治体の名産品あるいは特産品がもらえます。

 

東京23区大田区に対してのふるさと納税は普通の会社が扱っているサービスではありません。

 

国とか地方自治体による行政サービスです。

 

ふるさと納税に対する申込を実施することを希望するなら地方自治体に対しての手続きが不可欠でして、

 

確定申告の控除あるいは還付をしてもらうことを希望しているなら、ふるさと納税決まり事の認識が大切だといえます。

 

今では確定申告の必要ないワンストップ特例制度が開始されたことでシンプルになりました。

 

ふるさと納税申し出プロセスを確認してみてください。

 

pak85_pennigiru20140312233042_tp_v

1.東京23区大田区というような寄付をしたいと思う自治体を決定する

地方自治体を決めます。

 

自身が住んでいたふるさとだろうと、

 

寄附金額、あるいはお礼の品や、地域、それに利用用途等、別々の自治体を選んで大丈夫です。

2.東京23区大田区についてのふるさと納税寄附を行う

納税をしてみたい地方自治体が決まったら申込登録をしていきます。

 

申込経路は、電話またはFAX、またはメール、または直接窓口にいく手法があり、

 

ふるさと納税のサービスは各地方自治体次第で変化します。

 

多くの自治体ではネット申込も可能となっているのですが、

 

さとふる、そしてふるなび、またはふるさとチョイス、それにふるぽ、そして楽天や、ヤフーなどといった

 

ふるさと納税代行ページを使用したら、

 

申し込みも数分ほどで終わって、確定申告のサポート体制もあります。

 

is107112402_tp_v

3.東京23区大田区についての寄附金を支払う

ふるさと納税をすると、その自治体によって、

 

振込用の納付書など、納税に求められる書類が届くようになります。

 

ふるさと納税の支払いルートは、

 

地方自治体ごとに既定されている納付書を利用する、あるいは

 

地方自治体の指定口座銀行、そしてオンラインバンク経由で振り込む、

 

現金書留で送る

 

というような仕方があるのですが、

 

クレジットカードでの支払いもうOKな地方自治体なんかも急増しています。

4.納税証明書と東京23区大田区から特産品などが配達される

税金の支払いが過ぎてから、ふるさと納税を行った地方自治体から、

 

手紙とか寄附金が届いた証明である寄附金受領証明書

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の書類が届けられます。

 

寄附金受領証明書は、

 

確定申告の時に外せないないと困る書類になるので

 

紛失することのないようにご管理することをお勧めします。

 

東京23区大田区からの返礼品がある場合には、

 

納税をした東京23区大田区からの特産品と特典が届きます。

5.確定申告を始め

ふるさと納税を実施すると、東京23区大田区ことからお礼の品をいただけます。

 

税金もお得になります。

 

返礼品は、ふるさと納税をやりさえすれば贈ってもらえますが、

 

税金は確定申告をしないと節税にはつながりません。

 

確定申告は個人事業主あるいは社長とされる人ならば

 

毎年行っていることです。

 

会社の社員であるサラリーマンの方などは

 

年末調整を職場にて実践し、1年に渡っての所得と税金を確定させます。

 

それぞれで確定申告をやる局面は滅多にありません。

 

サラリーマンにとっては面倒な感じをお持ちでしょうが、

 

今ではワンストップ特例制度があるため単純明快となっているのです。

6.ふるさと納税による還付や控除をうける

確定申告を進めると、納税した分が全額戻るのです。

 

ふるさと納税をすることでできる税金控除は所得税と住民税に分かれます。

 

1年間に及ぶ所得が確定されたのち、税金額が決定する住民税は翌年の還付となるわけです。

 

住民税分は控除される前の金額に対して減額となりますので、このポイントはご注意下さい。

 

各自地方自治体の市町村の公式サイトにてふるさと納税は申し込むことは可能ですが、

 

まとまったポータルウェブサイトを使用する方が進め方が簡潔と考えられるのでお薦めしたいと思います。

 

pak86_konnyanonomikai20131223_tp_v

 

東京都大田区のふるさと納税 お得な理由

 

ふるさと納税は、自治体への寄付をすることで、所得税と住民税から一定額が控除される制度です。

ふるさと納税注目されるのは、単にそれだけではなく、自治体からの返礼品が豪華であったり、他では入手することができなかったりと、魅力があるからです。

現在、自粛を呼びかけられつつありますが、それでもまだそれなりに良い物をもらうことができます。

 

東京都大田区のふるさと納税でもらうことができる返礼品は特にありませんから、その点では魅力がある所とは言えません。

しかし、出身の人やゆかりのある人が自治体を応援することができる仕組みであり、また、前述のようにそれで税金の控除を受けることができるというメリットがありますから、お得であるといえます。

東京都大田区のふるさと納税制度を利用して寄付するとお得な理由は次にあげる3つです。

 

1つ目のお得な理由は住民税などが減税できる事です。

 

東京都大田区にふるさと納税制度を利用して寄付金をすると、2,000円を超えた部分の寄付金部分に対して、来年の住民税などが控除され、確定申告を行えば控除あるいは還付してもらえます。

 

平成27年のワンストップ特例制度開始により確定申告せずにふるさと納税の税控除などを受けられるようになりました。

 

2つ目のお得な理由は返礼品などのお得なサービスをもらえる事です。

 

返礼品は、地元の農作物や工芸品などの特産品や、旅行券や商品券などの金券などから選択する事ができます。

 

3つ目のお得な理由は寄付金の一部が自治体の税金として使われるため、寄付する事で興味があったり好きな自治体の発展に貢献できる事です。

大田区は、東京23区の最南端の自治体で、2017年8月1日時点での推計人口は約728,000人です。

東京都内で最大の工業集積地があり、近隣の横浜市や川崎市と京浜工業地帯を形成している一方、海苔の繁殖の発祥の地とも言われており、海苔流通の中心となっています。

また、江戸時代から漁師町としても知られており、アナゴ漁やアサリ漁も盛んです。

 

なお、大田区のふるさと納税では、他の地域のように地元の特産品を返礼品としてプレゼントするというサービスは提供されていません。

ただし、2,000円をオーバーする寄付をした場合に、住民税の10パーセントが住民税・所得税から控除、還付することが出来るので、税制上で優遇されるという点ではお得です。

 

 

ふるさと納税でポータルサイト登録がおすすめの理由

・クレジット決済可能で、納税手続きが楽、いますぐに入金可能で、クレカのポイントがたまる!
・ふるさと納税特産品ランキングが一目でわかる
・マイページで寄付金が管理できるのでわかりやすい


ふるなび

ふるなびは株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、商品が多数。
人気の自治体も一目でわかるので、ふるさと納税初心者におすすめです




さとふる

株式会社さとふるが運営している郷古。実店舗やコールセンターでのサポートが魅力。
マイページ管理、クレジット決済完備で使いやすく、広く知られているサービス




ふるなびグルメポイント

ふるなび同様、株式会社アイモバイルが運営。
ポイント即日発行で、有効期限なし。 対象自治体は、三重県明和町のみです。

\ SNSでシェアしよう! /

ふるさと納税特産品情報!返礼品ランキングと地方自治体チョイス方法の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ふるさと納税特産品情報!返礼品ランキングと地方自治体チョイス方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

huruzei

この人が書いた記事  記事一覧

  • 東京都青ヶ島村に対するふるさと納税がお薦め

  • 東京瑞穂町に対するふるさと納税がいち押し

  • 福岡県飯塚市へのふるさと納税がオススメ

  • 沖縄県名護市にするふるさと納税はおすすめ 冷凍クルマエビ、マンゴー、しゃぶしゃぶ用豚肉2400g

関連記事

  • 東京都23区豊島区にするふるさと納税はお薦め

  • 東京御蔵島村に対するふるさと納税は一押し

  • 東京23区新宿区にするふるさと納税はいい

  • 東京都23区港区へのふるさと納税はイチオシ

  • 東京23区杉並区へのふるさと納税がイチ押し

  • 東京都23区練馬区に対するふるさと納税がイチオシ